教育 レポート

テストと並んで大切なレポートによる教育

日本の義務教育においては定期的にテストを行うことによって授業の効果測定と生徒の学力確認とが行われます。
学期の中間頃や学期末になるとテストがあるために、特に中学生ともなると直前にしっかりと勉強するという習慣が付けられます。
そうすることによって将来的に必要になっていく基本的な学力を身につけられるということから有用性が高いのがテストですが、教育のためにはレポートを書かせるということも大切です。
読書感想文に代表されるような一種のレポートの作成がしばしばテストとは別の課題として与えられます。
これは文章をきちんと書けるようにするために有用であると共に、その全体構成を考える力を育んでいくのに役立ちます。
テストばかりに目が向いてしまいがちになるのが生徒であり、しばしば作文には手を抜いてしまいがちになります。
しかし、将来においてレポートを書く力はより役立つものであり、教育現場においてはしっかりと教えこまなければならないものです。